まさじの ex

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

26日原発国民投票

メール届く。国民投票の現在の状況。

 
" ●原発都民投票
 今井一さんからのツイート

 2012年1月26日木曜日
【原発国民投票】原発都民投票に必要な署名数は集まりそうだ


 今井一(みんなで決めよう「原発」国民投票事務局長)
 https://twitter.com/#!/WarszawaExpress/status/162193883923615745
「原発」都民投票、25日現在、請求署名数=133,660筆、受任者数=18,883人。 まだ目標(30万 筆)の45%だがひどくはない。最終週以降1万人の受任者が集めた署名(10万筆ほど)を請求代 表者らに返送すると読んでいる。残り2週間、32人の請求代表者で1日5千筆集めれば達成可


 ●また、河野太郎さんが原発再稼働についてツイート

 2012年1月26日木曜日
【原発】3月11日が過ぎたらまとめて約10機の原発を再稼動へ


 河野太郎(自民党代議士)
 https://twitter.com/#!/konotarogomame/status/162191929805770753
 実に不思議だが、在京のEU加盟国の大使館関係者から、深夜、同じ問い合わせがぽつぽつと入る。 保安院が、311が過ぎたら、新規制庁ができてルールが変わる前に10基程の原発を再稼動させると ブリーフィング(報道機管などに対して行う簡単な事情説明)しているらしい。現職の官僚からの 説明だそうだ。経産大臣はご存じか?

 せめて都民投票、頑張りましょう~! ”

 信じられん!10基の再稼働?
[PR]
by hi-fi-masaji | 2012-01-27 04:12 | Trackback

毎日新聞の2012年1月23日の記事について

毎日新聞の2012年1月23日の記事についてhttp://mainichi.jp/select/biz/news/20120123k0000m010126000c.html
YAHOOの知恵袋にこんな質問が(日本は原発がなくても充分電気あるんですか?)
回答がなるほどなとか,ううん..?といろいろあったがこんなにいろいろ言われてても大体この国の言う事には好意的だなって印象だ。赤旗のようだと言うのには苦笑したけど。原発の事を調べれば調べるほど未来を想像すると恐ろしくなって来る。特にこのプレートの重なる日本においては正気の沙汰ではない。メディアと国の押したり押されたりの原発の行方は?
現在、毎時7000万ベクレル放出中なんですが...
まるでチープな漫画のようだ。この国に僕は住んでいる。 
あるべきものがぶっ飛んだだから漏れててあたりまえ。しかし,この国は外国からみたらどんな風に見えているのだろう。皆で電気も気を使いながら使っていけばやっていけるんでは?もう以前とは変わっている。知らない時とは変わってしまっている。
多数の幸福は少数の幸福に優先する?多数の幸福は少数の危険に依存する?

北大の森谷教授のここ4年にM9の地震の予測が現実のものになれば浜岡原発も東海第二も無事には済まないだろう。
福島原発の4号機はプールに通常の原子炉内の核燃料の2,3倍の使用済み燃料とこれから使う新しい燃料がどっさりある。爆発のせいで不安定な状態になり東電が修復したようだが次地震がきたらもたないだろうと言われている。原子炉は停止していても崩壊熱を出しつずけ,放射能を出しつずける。使用済み燃料も。

今年の花粉には気をつけ言よう。きっと放射能がノッカて飛んで来るゾ。マスクをして外出しよう。

放射能を復習しよう。
http://www.nuketext.org/index.html
[PR]
by hi-fi-masaji | 2012-01-25 04:00 | Trackback

吹奏集団 風の和

中野ゼロホールで【風邪の和】のコンサートに行く。知人の紹介でもう5回目位になる。
d0160880_20524416.jpg

行けば必ず幸せな気分になる。
昔,吹奏楽というものはお祭りのパレード,運動会.放課後部室で聞く音でしか出会う機会もなく,特別な興味も沸かずただ景気ずけのための騒々しいものとしか認識していなかった。
はじめて風の和の音を聞いた時あまりに想像と違っていたのでびっくりしてしまった。
どうやら僕はブラスバンドと勘違いしていたようだ。
ブラスバンドは金管楽器+打楽器。
吹奏楽はウインドオーケストラと呼ばれ吹く楽器,木管楽器+金管楽器+打楽器だそうだ。
風の和のコンサートではコントラバス,ハープも加わっていた。フルート,クラリネット.オーボエ.トランペット,ホルン.ティンパニー.etc.つぎつぎ寄せる音の波に魅了されてしまい,なぜか涙が出そうになってしまう。
60人余りの黒服のストイックそうな男達が同じ方向に心を一つにし美しい音のハーモーニーを造って行く,もうこれだけで泣ける。クラッシクに興味を持ち出したのは【のだめ】ではなく【風の和】だ。この素晴らしい奏者達は一般人の集まりだと言う。心から暖かい拍手を。
次回も自慢の自転車で会場に駆けつけよう。


d0160880_20502320.jpg
http://kazenowa.jp/
[PR]
by hi-fi-masaji | 2012-01-22 21:03 | Trackback