まさじの ex

<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

what the world needs now

福一の事故が日本のエネルギー政策が見直され新しい日本がと少なからず期待していた。組,一族,宗教団体のような官僚達は仲間内で権益を損なわないように正否を決めて政治家を使い国民の期待する事とは真逆な方向に強引に引っ張っている。

電力会社の経営データーから原子力発電が一番コストが高いのは分かってしまっている。事故が起きればどれだけけ高くなるかは分からなくなっている。とにかく原発がなくても日本の電気量は足りているのは事実である。(小出裕章さん)

中島みゆきの”永遠の嘘をついてくれ”の歌詞の中に
この国を見限ってやるのは俺の方だと
追われながらほざいた友からの....とあるメンツで帰りたくても帰れなくなってしまった友の心情が表現されている。この歌詞のように捨て台詞でもはきたくなる。
見限るにもいき場所がない。慣れ親しんだ国を捨てるのはいやだ。だから,一人でも知って欲しいと思いで書いている。命を優先すべきであることは明白である。エネルギーの交渉努力もせず危険なものを抱え込み再稼働するとは耳を疑ってしまう。

大飯原発は大きな活断層が数キロ離れたところにある。マグニチュード7を超えるくらいの規模。敷地内にも活断層があり原子炉の下にも活断層が,その上にある建物は地震が起これば世界中で無傷のものは一つもない。原子炉の付近に活断層がわかっている場所は大飯,美浜,もんじゅ,敦賀,下北の東どうり,大規模なものは浜岡.六ヶ所再処理施設。(たね蒔きジャーナル東洋大学渡辺満久さんより)


原発がなければ干上がると言う。廃炉産業のかのうせいは検討したのか?命さえ軽視してしまうあがらうことのできぬ甘い蜜とはなんなのだろう。

バートバカラックの曲に”what the world needs now”という歌がある
山も丘も登には充分なほどある。海も河も渡るには充分ほどある。コーン畑も小麦畑も充分成長している。太陽の光も月の光も充分輝いている。神様私たちはこれ以上必要としてないの。世界は今何を必要としてるの。
[PR]
by hi-fi-masaji | 2012-06-15 00:20 | Trackback