まさじの ex

黒部に行こう

9月17日,18日一泊2日で一度は行ってみたかった”立山黒部アルペンルートと黒部トロッコ電車”のバスツアーに。
東京は台風15号号のせいか湿気の多い曇りの天気,朝7時に出発、3回ぐらい休憩所によりながら 2時位に宇奈月駅到着。
ここから鐘釣駅までの往復2時間を黒部峡谷トロッコ電車で立山連峰と後立山連峰の間を走っていく。宇奈月標高224m鐘釣標高443m。車両は窓付きと窓無しの2種類。窓無しの車両は長椅子に4人,さほど雨は降り込む事なく黒部川沿いを時速30kくらいの早さで迫る絶壁の緑の山の間をくねくね走っていく。15゜位の温度だったが薄い上着,カッパを持参してきたので快適である。トロッコの音,自然の匂いを体感しつつ,トンネルを抜け,線路脇で作業する人たちが手を振っている姿をみやりながら山の中を浮遊するのだ。
夕食は富山湾海の幸.刺身は身がしまって,牛肉は紅葉おろしとポン酢でいただくあまりおいしので箸をはこぶスピードが2倍アップだ。
翌日,晴天!
d0160880_13562870.jpg

立山駅から30゜はありそうな傾斜をケーブルカーで美女平まで上り高原バスで室堂へ。
d0160880_1595318.jpg

d0160880_15111152.jpg
途中,バスの行く手に10匹ぐらい猿の親子がのんびりくつろいでいる。バスは警笛鳴らすでもなくゆっくりゆっくり前に進ませる。猿ものんびり道をあける。運転手さんの説明「ここは人間と動物達がうまく共存しています。この道は自家用車は入る事ができず特定の車両しか入れません」
d0160880_15161585.jpg
滝見台ここで標高1280m
d0160880_17195624.jpg

道路脇に登山者も
標高があがるにつれ視界が広がり富山湾もみえて来る。あと1200m弱で室堂だ。
d0160880_15334551.jpg

到着!
d0160880_1536045.jpg

d0160880_17352741.jpg

d0160880_17435074.jpg

いやー気持ちいい〜。画像だとこの景観をうまく伝えられないのが残念。
d0160880_15433768.jpg

ミクリガ池。頭の先しか写ってないが左奥の尖った山が剣岳。
ここで散策自分は見れなかったがライチョウの親子を見た人もいたようだ。
d0160880_15505959.jpg

次はトンネルトロリーバスに乗って大観峰,そこからロープウェイにのって
黒部平へ
d0160880_15593763.jpg

d0160880_15583019.jpg

このロープウェイは美観を損ねないようにケーブルだけで合間の柱を立ててないそうだ。
d0160880_1612382.jpg

黒部平の展望台から見える山々。
d0160880_16154867.jpg

下に見えるのが黒部湖。
d0160880_16203570.jpg

黒部湖からまたまたケーブルカーに乗って最後の目的地黒部ダムへ。
d0160880_1647990.jpg
d0160880_16251588.jpg


左が黒部湖右に観光客用の放水が見られる。
d0160880_1630568.jpg

これだ!ちゃんと虹など架かったりしているのだ。
d0160880_16322645.jpg

黒部ダムでの人たち。子供から高年齢まで。
d0160880_1724497.jpg
d0160880_16413646.jpg

d0160880_16405817.jpg

d0160880_17271052.jpg

冷やっこいトンネルを抜けトロリーバスにのり扇沢にそこでバスにのり帰途へ。
ふ〜つ,お疲れちゃんでした。
[PR]
# by hi-fi-masaji | 2011-09-19 17:55 | Trackback

原発の真実

福島原発が今どんな状態か小出裕章助教授の意見をたね蒔きジャーナルでかかさず聞いている。それをまとめた本が「知りたくないけど,知っておかねばならない原発の真実」幻冬舎から出版された。事故から時系列で載っている。楽観的な空気がただよう中今一度僕達の置かれてる現状をしっかり受け止めたい。
[PR]
# by hi-fi-masaji | 2011-09-15 12:30 | Trackback

原発国民投票

しばらくぶりに友人からのメールがおくられてきた。
「ドイツで一番読まれている雑誌『シュピーゲル誌』に掲載されたものだそうです。よくまとまっていると思いました。」
http://uesugitakashi.com/?p=917

もう一通,「原発」国民投票やっぱりこれしか方法はないような気がする。」と
宮台真司、今井一、飯田哲也、杉田敦、マエキタミヤコ、等の原発国民投票シンポジウム
http://kokumintohyo.com/
ここにアクセスし賛同できる人は署名できます。

自民党から民主党に変われば中央のロジックを少しで切り崩せるものと少なからず信じていた。福島原発事故後しばらくたって様子を伺えば又推進派らしき人物が総理候補になっている。
経産省の古賀さんの話を聞いた。これが現実なんだとおもいしらされてしまう。
知人と話しても少量の放射能なら浴びったって大丈夫。再生エネルギーなんて不安定な供給しかできない。現実的ではない。原発を止めるべきでないと。最後には怒りだす始末。
彼は東電の株をかなりもっているらしい。
飲み屋では,原発の話をふってみると神妙な顔をしながら聞いているが意見がなにもない。どこか人ごとのようで話している。その場が気まずくならないような配慮ばかりしているむしろ,なにも考えてないのかもしれない。
マスメディアの流す臭いはいつのまにか国中に蔓延していく。
この国民投票がそんなに大きな力になるとは思えないが何かをはじめなくては後悔しそうだ。
[PR]
# by hi-fi-masaji | 2011-08-27 19:51 | Trackback

バズビー博士


神保哲生と宮台真司のビデオニュース536回より
ECCR(専門家の市民団体)はICRP(日本の安全放射線量の基準はここに準拠している,現在は基準値を上げている)のリスクモデル基準が不十分だというところから始まった1997年にスタート。郡山市の14人の子供が市に仮処分申請を提出。その弁護団の要請を受けECCRのクリストファーバズビー博士が来日。コメントが興味深かかったのでここに書いてみた。

会津若松市中心で計測
テルル132が半減期3.3日(再臨海の時に出て来る核種)もしそうであれば最近も再臨海している可能性も?
ストロンチウム90半減期半減期80〜90年(骨に集まりまったくで出ていかずピュアなβ線を出し内部被爆をつづける。人体の影響は重大である)
セシウム半減期30年(筋肉に集まり,人体の外に出てゆく)

原発100キロ圏内と千葉市内で車のエアーフィルターを調べる。(エアーフィルターを専門機関に送れば原発から出てきた放射性物質の核種がある程度わかるそうだ。)相当量のセシウムセシウム134.137
他に放射性物質が多数みつかる。α線を発する危険な微粒子も。

WBC(ホールボディーカウンター)は役に立たない。なぜならWBCはセシウムしか検知できない。
セシウムは本質的問題ではない。お金は食品,大気中の放射能の測定に使われるべきだ。これらに放射能があれば人体に入って来る。
人体の放射能測定は難しい。人体を切り取り調べる事は不可能だからだ。
WBCの問題は被爆していないと誤解する事。基準以下だとか,飛行機に乗った程度だとか言われ安心してしまう事。WBCは時間の無駄であり,やめるべきだ。
原発にあるヘパフィルターを使いそれに空気を送り込むと量.核種が詳しく調べられる。

髪をとって置くといい1ヶ月約1cmのびる。4ヶ月だと4cm10本か20本是非保存しておいて欲しい。
放射性物質をどのくらい取り込んだかが計測できる。名前,年齢,自覚症状など日記のように貼付けておくといい。将来の健康被害が現れた時に東電の保証なんかの時に役立つだろう。

d0160880_1294595.jpg

[PR]
# by hi-fi-masaji | 2011-07-30 01:49 | Trackback

ブラックスワン

d0160880_2474389.jpgブラックスワンを観た。ナタリーポートマンをこんなにじっくり観たのは初めてだ。でっかいテレビのモニターみたいなスクリーンに映る彼女の顔に少々とまどった。もう少女の面影が消え,大人というか老けかけ始め,ぎりぎりの美しさだ。彫刻刀で作ったようにきっちり出来ている。なにかあまりにきっちりしているので妙な気持ちになる。昔こういう話は漫画でも映画でも観た事あるような気がする。でも、まんじりともせず,画面に釘ずけになってしまった。話が進むにつれて彼女の息ずかいが自分に同期していく。全く飽きない。トップになるには自分の殻から抜け出さなくては行けない。あらがう自分と,誘う自分のせめぎ合い。難しくなく,シンプルで分かりやすい。僕にはこの位が気持ちいい。立派な娯楽作品。
イッツ,パーフェクト...,  
どんなんだろう,感じたら至福の喜びがあるのだろうか?
[PR]
# by hi-fi-masaji | 2011-06-13 02:49 | Trackback